2011年08月28日

農家さんの苦労が身にしみます!

日時:2011年8月28日(日)晴れ
内容:摘果、青みかんジュース作り

3回目の活動になりますが、幸運なことに毎回天気には恵まれています。
実習前日まで雨が降り不安定な天候が続いていましたが、
当日は朝からとてもよい天気になりました。

毎回楽しく指導いただいている我が家のみかんの先生は、米神地区の廣石さんです。

今回の実習は、みかんの摘果作業と摘果したみかんを使用した青みかんジュース作りでした。

image001.jpgまずは、先生のみかん畑に向かい、摘果の仕方を教えてもらいました。

摘果作業はハサミを使用せず手で摘みます。
先生はどんどん摘み取っていきますが、私たちが実際やってみるとなかなかうまくいきません。
先生にコツを教えてもらいながら、少しずつですが摘み取ることができました。

次に、摘み取った青みかんを使ってジュースを作りますが、
その前に先生が育てているいちじくとブルーベリーの畑に連れて行ってくれました。
ほんのり甘いいちじくをその場で食べさせてもらいました。
更にブルーベリーを摘み取らせてもらいました。
ブルーベリーはみかんに比べ簡単に摘み取れます。
ただ、粒が小さいため摘み取りはなかなか根気のいる作業です。
みかんの摘み取りもそうですが、実際ちょっと作業をしただけで農家さんの苦労が身にしみます。

image002.jpg箱いっぱいのブルーベリーを摘み取らせてもらったあとは、
先生の家に戻って青みかんジュースを作りました。
まずはみかんを半分に切って絞ります。絞ったジュースに砂糖と水を加えて出来上がりです。
当日はとても暑かったので、絞りたてのみかんジュースは本当においしかったです。

みかんの学校では、毎回色々な体験をすることができ、
私たち家族は本当に楽しい思いをさせてもらっています。
image003.jpg7歳の息子には、農作業を通じ作物を育てる大変さや喜びを少しでも分かってもらえたらと思っていますが、
息子自身は、農作業よりも軽トラックに乗って山道を移動できることが何よりの楽しみのようです。
 
次回の実習は2ヵ月後ですが、今からとても待ち遠しいです。
posted by 食とみどり at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。