2011年06月14日

農家さんの熱い思い

日にち 6月12日(日)

摘果、除草剤使用・不使用の畑の違い、じゃがいも・びわ・甘夏収穫など
盛りだくさんの内容で活動させていただきました。

■5月15日(日)のお花見の日には 白い花がたくさんだったみかんの木、
この1カ月で 青い実がたくさんのみかんの木に成長していました。
 P1030528.JPG

しかし、1本の木に このまま幾つもの実がついたままだと
小さい果実にしかならないそうです。
そこで、収穫時期に大きな実をつけるため、また 木の負担を減らすために
“摘果”という作業を行うことを教えていただきました。

実際の摘果の作業は、非常に多くの経験と高度な技術を要するもので、
我々素人が簡単に行えるものではないですね。


さて、ここ鈴木さんの畑は、化学肥料や除草剤は一切使用していないということです。
そのため、草刈り後の土の上は 刈り取った草で覆われてこんなにフカフカ。
 P1030535.JPG
そして、この草を持ちあげてみると…
大きな 大きな ミミズが!
(このミミズを食べに、いのししが度々やってくるようです。)

除草剤を使用した畑と 除草剤不使用の畑、見た目にも違いは一目瞭然でした。
除草剤を使えば 半日で終わる作業も、除草剤を使わないと
作業に丸2日を費やしてしまう。
しかし、除草剤を使用すると、土に力がなくなってしまう。
だから、良い土を求めて そして安全を求めて 除草剤不使用でみかんを作る。
みかんの生産に対する農家さんのそんな熱い思いが 伝わってきました。

前回に引き続き、今回も たくさんのことを教えていただきました。
今日のこの青い実が どのように成長していくのか、今後の活動がとても楽しみです。


posted by 食とみどり at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

農家さんの優しい笑顔に・・・

日にち 5月15日

天気は快晴でした。
2週間以上前から“まだかな〜まだかな〜”と楽しみにしていた7歳の息子は、
5時半に起きて準備を始めていました。
お弁当を作っていよいよ出発です。
待ち合わせの場所は、海に面したとても眺めのよい場所でした。
初めて担当農家さんとお会いするので、ドキドキしていましたが、
担当農家さんの優しい笑顔に緊張も吹き飛びました。

細い山道を登っていき、いよいよみかん畑へ到着です。
私たちははじめてみかんの花を見ました。
a018.jpg
厚みのある白いしっかりとした小さいとてもかわいい花でした。
花見をしながら、バレンシアをもいでくださいました。
毎年、足の裏が黄色くなるほどみかんが大好きな私と息子は
すぐむいていただきました。
味が濃くてみずみずしくて美味しかったです。
実は柑橘系が苦手な主人はどうかなと思ったのですが、美味しいと言って完食していました。
バレンシアの他にも色々な種類のみかんがありましたが、覚えきれませんでした。
でも、どのみかんも美味しく、舌でしっかり記憶しました。
a016.jpg
その後、近くにある佐奈田神社に案内していただきました。
痰・咳・ノドにいいという神社なので、そろばんの先生がよくお参りに来るとの
ことでした。息子もそろばんを習っているので、なが〜いそろばんに興味津々でした。

帰り道は、JRの線路と新幹線の線路が一度に見える坂道で停まり、
N700系や東海道線や貨物列車の桃太郎を眺めました。
子鉄の息子は新幹線に大興奮していました。
1年間通ううちに一度でいいので、黄色い新幹線のドクターイエローが見られるといいな。
海岸で持参したお弁当を食べて、はじめての果樹の学校は終わりました。
おみやげのみかんもいただき、とても楽しい一日でした。
来月はいよいよ収穫体験です。
息子の今年の夏休みの自由研究は小田原とみかんにしようかと検討中です。
みかんや小田原について色々勉強しようと思います。
a019.jpg
posted by 食とみどり at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。